第11次5カ年計画(2006-2010年)の6つの立脚点
          
(1) 国内需要を拡大する発展を推し進める。
 国内需要、とりわけ消費需要の拡大を基本立脚点とし、投資・輸出牽引から消費と投資、内需と外需の協調的牽引の経済成長に転換するよう促す。
 
(2) 産業構造を最適化する発展を推し進める。
 経済構造の調整を主として、工業と数量的拡張主導の経済成長から、一次、二次、三次産業が共導し、構造が高度化する経済成長に転換する。
 
(3) 資源節約、環境保護の発展を推進する。
 経済成長方式の根本的転換の促進に力点を置き、資源投入主導の成長から資源利用効率の向上主導の経済成長に転換する。
 
(4) 自主革新能力を強化する発展を推し進める。
 自主革新能力の強化を国家戦略とし、資金・物質要素投入主導の経済成長から科学技術と人的資源主導の経済成長に転換する。
 
(5) 改革開放を深化する発展を推し進める。
 改革開放を原動力として、分野によっては相当程度行政主導の経済成長を、国家のマクロコントロールが市場の資源配分に基礎的に作用する経済成長に転換する。
 
(6) 人間本位の発展を推し進める。
 人民の生活水準の向上を根本的な出発点・立脚点として、物質的財貨偏重の発展から人間の全面発展・経済社会の協調的発展へ転換をうながす。
 
(資料)《中華人民共和国国民経済和社会発展第十一个五年規劃綱要》より21世紀中国総研事務局翻訳。