第2号 2021.01.13発行 by 高橋 博
    石家荘に集中隔離地点を建設
2021.01.03
出典:新華網
<目次>へ

分享到:
1月13日,中铁十四局集团工人在施工现场作业(无人机照片)。新华社记者 杨世尧 摄
1月13日、中鉄十四局グループの労働者が工事現場で作業している(ドローン写真)。新華社記者楊世尭撮影

石家庄建设集中隔离点
石家荘に集中隔離地点を建設

  新华社石家庄1月13日电 记者13日从中铁十四局集团滹沱河生态修复三期工程项目部了解到,该项目部当日接到通知参建石家庄市集中隔离点,施工场地位于正定县文正大街诸福屯镇固营村,占地约500亩。
  13日傍晚,记者在现场看到,施工场地内设备轰鸣,30余台铲车和推土机已开始进行场地的地表清理。项目经理部副经理马少海介绍,项目部13日11点接到上级通知,参建石家庄市集中隔离点的基建施工。目前已有100余人、数十台运输车辆、平地机、铲车等工程设备进场。

新華社石家荘1月13日電中鉄14局集団Hu中国生態修復3期プロジェクト部は13日、同プロジェクト部が石家荘市集中隔离点の建設に参加する旨の通知を受けたことを明らかにした。工事場所は正定県文正大街諸福屯鎮固営村に位置し、敷地面積は約500ムー。(ムーは中国の「市畝」で1ム―は「 1亩=666.666666667 平方」)
 13日夕方、現場では設備が轟き、ショベルカーやブルドーザー30台余りが地表の清掃を始めていた。事業経理部の馬少海副経理によると、事業部は13日11時に上級機関から通知を受け、石家荘市集中隔離点の基礎工事に参加した。現在、100人余りと数十台の輸送車両、グレーダ、ショベルカーなどの工事設備が進入している。

1月13日,中铁十四局集团工人在施工现场作业(无人机照片)。新华社记者 杨世尧 摄
1月13日、中鉄十四局グループの労働者が工事現場で作業している(ドローン写真)。新華社記者楊世尭撮影

  基建部分完工后,3000套集成房屋将在硬化的场地上迅速拼装到位。这些集成房屋正由唐山市陆续运抵正定县,预计3天内可接连抵达。
  为支援抗疫一线,唐山市芦台经济开发区的三家集成房屋生产企业正在加班加点生产。这三家集成房屋生产企业都曾在2020年初为武汉火神山等医疗机构提供过集成房屋。此次支援石家庄的集成房屋每套面积为18平方米,采用轻钢结构,具有运输便捷、安装迅速、可回收利用等优点。

 基礎部分が完成すれば、硬化した敷地に3000戸の集合住宅が速やかに組み立てられる。これらの集合住宅は唐山市から正定県に続々と到着しており、3日以内に続々と到着する予定だ。
 唐山市芦台経済開発区の集成住宅生産会社3社は、防疫現場を支援するため、残業をしている。これら3社の集成住宅生産企業はいずれも2020年初めに武漢火神山などの医療機関に集成住宅を提供したことがある。今回石家荘を支援する集成住宅は1戸当たりの面積が18平方メートルで、軽量鉄骨構造を採用しており、輸送が便利で、設置が迅速で、リサイクルが可能などの利点がある。

 1月13日,中铁十四局集团工人在施工现场作业(无人机照片)。新华社记者 杨世尧 摄
1月13日、中鉄十四局グループの労働者が工事現場で作業している(ドローン写真)。新華社記者楊世尭撮影

  据诚栋集成房屋河北有限公司总经理张国勇介绍,公司现在争分夺秒生产,生产线24小时不停歇运转。“平时车间的日产能是七八十套,目前达到日产100套以上的突击产能,并保持随产随发。”张国勇说,公司还抽调了技术人员,在确保防疫安全前提下前往石家庄,到现场进行安装指导。
  “房屋成品的预装率达90%以上,配套水电管线俱全,运达当地可立即投入使用;房屋部件则可由熟练工人在一天内完成组装。”张国勇说。(记者戴小河、杨世尧、高博、杜一方)

 誠棟集成家屋河北有限公司の張国勇総経理によると、同社は現在一刻を争って生産しており、生産ラインは24時間稼働している。「普段の作業場の1日の生産能力は70~80セットだが、現在は日産100セット以上の突撃生産能力に達しており、生産に応じて出荷することを維持している。」張氏によると、同社は技術者を派遣し、防疫の安全を確保した上で石家荘に赴き、現場で設置指導を行った。
 「住宅完成品のプリインストール率は90%以上に達し、付帯する水力発電パイプラインはすべて完備しており、現地に輸送して直ちに使用することができ、住宅部品は熟練労働者が1日以内に組み立てを完了することができる。」張国勇は言った。(記者戴小河、楊世尭、高博、杜方)
子牛による翻訳