第86号 2014.12.25発行 by 矢吹 晋
    安倍首相の引用した孟子について <目次>へ
 畏友石井明さんがある勉強会の席で、安倍首相が2014年10月19日、国際法曹協会東京大会年次総会で行ったスピーチを紹介してくれた。安倍スピーチの日本語、英訳、中国語訳のテキストは、官邸ホームページからコピペすると、以下の通りである。

平成26年10月19日 国際法曹協会(IBA)東京大会年次総会 安倍総理スピーチ
 天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、内外多数の方々の御参列を得て、国際法曹協会の年次総会を東京にお迎えできたことは、私の深く喜びとするところでございます。今日は、栄えある国際法曹協会の皆様に、私が「法の支配」について思うところをお話しさせていただきたいと思います。「法の支配」との用語は、西洋を起源としますが、その内容は普遍的なものです。決して西洋に限られるものではありません。アジアにも、古くから同じような考え方があります。「法の支配」の本質は、権力は絶対ではなく、権力の上に、権力が奉仕すべき、また、権力が縛られる道徳的実在がある、と言うことです。その実在とは、西洋の啓蒙思想では、「国民の一般意思」と言われたり、日本を始めとする北東アジアの国々では、「天」と呼ばれたりします。
 私の郷里は、日本を近代化に導いた明治の志士を数多く輩出した山口県です。この志士たちの先生であり、明治維新の先駆者とも言うべき吉田松陰先生の、次のような言葉を御紹介したいと思います。
 「天の視るは我が民の視るにしたがい、天の聴くは我が民の聴くにしたがう」。これは民の声を天の声とするということに他ならない。人の心が天の心であり、全ての人が心を寄せることを「天」と言う。 こうした松陰先生の教えに目覚めた若き侍たちが、やがて大きく歴史を動かし、日本を近代化に導くことになりました。歴史をさかのぼれば、日本は、6世紀に仏教を受容しましたが、日本文明が花開いてきた頃から、「法の支配」の考え方に親しんできました。当時の為政者によく読まれた「金光明最勝王経(こんこうみょうさいしょうおうきょう)」には、王が法をもって国を治めなければ、あたかも象が花壇を踏み荒らすように、政(まつりごと)は損なわれると教えています。仏教に深く帰依した聖徳太子は、早くも7世紀に、17条からなる日本で最初の憲法を制定しました。アジアの各国で、西洋で発展してきた「法の支配」の考え方が根付き、逞しく民主主義を育んでいけるのは、千年以上の歴史を持つ国が多いアジア諸国の精神的伝統の中に、古くから「法の支配」と同じ考え方が深く根付いているからです。「法の支配」という考え方は普遍的なものです。その根底には、必ず温かい人の心があります。深い人類愛があります。それは、東アジアでは、例えば「仁」とか「慈悲」と呼ばれています。それは、人と人が助け合って社会を作って生きていくために不可欠なものです。インドの宗教家であるヴィヴェーカーナンダも、ロシアの文豪トルストイも、同じことを言っているのかもしれません。「神は愛である」と。人類愛によって結ばれ、助け合う人間が、合意によって作っていく社会の道徳や規範。それが法です。人の社会のあるところ、必ず法があります。そして、権力は、常に、法の僕なのです。国際社会もまた、例外ではありません。20世紀には、国際社会もまた、「法の支配」を基盤として構成されてきました。それまでは、国際社会において、暴力が完全に否定されていませんでした。戦争や植民地支配が当たり前のようにまかり通りました。20世紀半ばに至り、戦争が否定されるようになり、国連憲章を基盤とする新しい国際社会が築かれました。また、世界中で、植民地は独立を果たしました。21世紀の国際社会は、合意により、ルールに従って、国際秩序が創造され、改良されていかねばなりません。誰ひとり、一方的な暴力におびえる必要のない世界。それが、私たちが、戦後、構築しようとしてきた国際社会です。
 2300年前の中国の思想家、孟子は、天下に道のある時は、徳のある賢い国が指導し、天下が乱れれば、力のある大国が支配する、ということを言っています。孟子の言う天下無道の時代に戻ることは許されません。
 法と正義の支配する国際社会を守ることが、日本の国益であり、日本外交の理念であります。我が国は、国際社会における「法の支配」の実現のため、幅広い外交を展開しています。先ず、「法制度整備支援」です。我が国は、法務省、外務省、JICA(独立行政法人国際協力機構)などだけでなく、大学等教育機関、日本弁護士連合会や各地の弁護士会及び弁護士の方々の御協力を得て、まさにオールジャパンの態勢で、これまでアジア各国を中心に法制度整備支援に取り組んできました。また、我が国は、特に、女性の能力強化と権利の保護・促進の分野で国際的な取組に積極的に参加しています。本年4月1日、我が国について、国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約が発効しました。我が国は、国際ルールに基づいた子の連れ去り問題の解決に積極的に取り組んでいきます。 「法の支配」の確立は、国家による取組だけではなし得えないことは言うまでもありません。国際法曹協会の年次総会を、東アジア地域で初めて我が国にお迎えできたことは、誠に光栄なことであります。「弁護士会の国連」として、半世紀以上にわたり精力的に世界中の弁護士にとって指導的な役割を果たしてきた国際法曹協会は、これからも、国際社会における「法の支配」の実現にとって、極めて重要な職責を担われることでしょう。また、グローバリゼーションが進む国際社会においては、法的問題も同様に国際化するだけでなく、複雑多様化しています。このような問題を適切に解決するためには、法的な素養と国際的な感覚を兼ね備えた弁護士が、国際社会においてボーダレスに活躍することが求められています。我が国では現在、国際社会の最先端で活躍し得る有能な弁護士の育成・活用に積極的に取り組んでいます。今後とも、多くの弁護士の方々の御協力を得ながら、国際社会における「法の支配」の確立・強化に努めたいと考えています。我が国は、戦後70年にわたり、民主主義、基本的人権を重んじる国、「法の支配」を尊ぶ平和国家として、国際社会の安定と繁栄に向け、努力を続けて参りました。思えば、20世紀前半は、世界が、革命、戦争、植民地独立のための戦いに明け暮れた時代でありました。我々が20世紀から汲み取った教訓は正に「法の支配」であり、民主主義、基本的人権、紛争の平和的解決のためのルールが重要であると思います。私たちは、皆さんと共に、また、皆さんの政府と共に、この地上に遍く「法の支配」が確立されることを目指して、共にリーダーシップを発揮していきたいと思います。御清聴ありがとうございました。
http://www.kantei.go.jp/cn/96_abe/statement/201410/1019iba_speech.html
 Speech by Prime Minister Abe at the 2014 International Bar Association (IBA) Annual Conference in Tokyo, Sunday, October 19, 2014, [Provisional Translation]
In the presence of Their Majesties The Emperor and Empress, it gives me great pleasure to welcome so many delegates from Japan and from overseas to Tokyo on the occasion of the Annual Conference of the International Bar Association (IBA). Today, before the members of the prestigious IBA, I would like to share my thoughts concerning the “rule of law.”
(1) Tradition of the “Rule of Law” in Japan
The term “rule of law” has its origins in Western civilization, but the idea is universal. The “rule of law” is by no means limited to the West. From ancient times there were also similar concepts in Asia. The essential nature of the “rule of law” is that power is not absolute. Rather, the law is a moral presence that exists above power; a presence that power must serve and by which power is bound. In Western philosophical thought this presence is referred to as the “general will of the people,” while in Japan and the other countries of Northeast Asia, it is called the “Heavens” or “Providence.”My hometown is in Yamaguchi Prefecture, a region that was home to many of the patriots of the Meiji era who guided Japan on its path to modernity. Allow me to quote Yoshida Shoin, who was a teacher to these patriots and a man who could well be said to have been the pioneer of the Meiji Restoration: “To watch the Heavens is to watch the people, to listen to the Heavens is to listen to the people.” This quote clearly equates the voice of the people with the voice of the Heavens. The hearts and minds of the people are as one with the Heavens and the “Heavens” can be said to be the collective hearts and minds of the people. The young samurai who were inspired by these teachings went on to make history themselves, leading Japan towards the modern era. Looking back on history, we can see that Buddhism was introduced to Japan in the 6th century and it was from this time that Japanese civilization flourished and concepts concerning the “rule of law” came to be held dear. The Golden Light Sutra, which was often read by statesmen of the day, teaches that unless a king rules under the law, he demolishes his own realm, just as an elephant destroys a lotus pond. Prince Shotoku, who was a devout believer in Buddhism, had, by the 7th century, already formulated Japan’s first constitution, consisting of 17 articles.
(2) Tradition of the “Rule of Law” in Asia
The reason why the Western concept of the “rule of law” was able to take root in the countries of Asia and help foster democracy was because from ancient times similar concepts to the “rule of law” were already deeply embedded in the spiritual traditions of these countries, many of which have histories dating back more than a thousand years. The concept of the “rule of law” is universal.
At its root is always the warm and caring human heart. It is imbued with a deep love for humanity. In the case of East Asia these are referred to as “Jin(仁)” and “compassion.” These are essential in order for people to help each other and create a society in which they can all live. The Indian spiritual leader Swami Vivekananda and the Russian writer Tolstoy were also probably referring to the same thing, namely, “God is Love.” Law represents the morals and norms of society, created through consensus among people who work together, and bound by their shared love of humanity. In all human societies there is always the law, and power is always the servant of the law.
(3) The “Rule of Law” as the Basis for Japanese Diplomacy
The same is also true of the international community. It was in the 20th century that the international community itself was formed on the basis of the “rule of law.” Prior to the 20th century, violence had yet to be universally condemned in the international community. Wars and colonial rule were accepted as part of the norm. It was in the mid-20th century that war came to be condemned and a new international community was created based on the Charter of the United Nations. It was in the same century that former colonies around the world achieved independence. The international community of the 21st century must create an improved international order, through consensus and in accordance with rules. We live in a world where no one should live in fear of unilateral violence. This is the international community that we have sought to build in the post-war years.
It was 2,300 years ago that the Chinese philosopher Mencius said that when all is well under the Heavens a moral and wise country will rule, but if the world under the Heavens turns to be bad a big and strong nation will prevail. We must never again allow ourselves to fall into the world without justice that Mencius speaks of.
Preserving an international community ruled by law and justice is in the Japanese national interest and is the principle for Japanese diplomacy. Japan is engaged in broad diplomatic efforts that seek to realize the “rule of law” in the international community. Firstly there is support for the development of legal systems in other countries. To date Japan has worked to provide support for the development of such systems, mainly in Asian countries. These efforts have not been limited to government ministries and agencies, such as the Ministry of Justice, Ministry of Foreign Affairs and Japan International Cooperation Agency, but have truly been an “all-Japan” effort, benefitting from the cooperation of universities and other educational institutions, the Japan Federation of Bar Associations, regional bar associations and individual attorneys. Furthermore, Japan in particular is participating actively in international efforts to aid women in their efforts to gain further skills and to protect and promote women’s rights. On April 1 this year, the Convention on the Civil Aspects of International Child Abduction (the Hague Convention) entered into force in Japan. Japan is actively involved in efforts to resolve issues of child removal, in accordance with international rules.
(4) The Role of the Legal Profession in Strengthening the “Rule of Law”
It goes without saying that states cannot establish the “rule of law” by acting alone. It is truly anhonor to welcome the Annual Conference of the International Bar Association to Japan, the first time for the conference to be held in East Asia. For more than half a century, the IBA has worked vigorously to fulfil a role as the “United Nations of bar associations” for attorneys worldwide. It will undoubtedly continue to bear an exceptionally important responsibility towards the realization of the “rule of law” in the international community. Moreover, amid the globalization of the international community, not only do we see legal issues becoming similarly internationalized, such issues are also becoming increasingly complex and diverse. To appropriately resolve such issues, the world needs attorneys equipped with both legal knowledge and an international outlook to apply their expertise throughout the international community, without the constraints of national borders. Japan is currently engaging actively in efforts to develop and utilize skilled attorneys who are capable of playing a leading role on the frontlines of the international community. With broad cooperation from a great many attorneys and legal professionals, I would like Japan to continue to work to establish and strengthen the “rule of law” in the international community.
(5) Conclusion
Over the 70 years of the post-war period Japan has continued to strive for the stability and prosperity of the international community, as a country that values democracy and basic human rights and as a peaceful nation that respects the “rule of law.” Looking back on the first half of the 20th century we can see that it was an era of almost endless revolution, war and struggle for colonial independence. The abiding lesson we can draw from the experiences of the 20th century is surely the importance of the “rule of law,” which represents the rules for democracy, basic human rights and peaceful conflict resolution. Together with the members of the IBA and together with your respective governments, let us exercise our leadership as we seek to establish universal “rule of law” on this earth. (Thank you for your kind attention.)
http://www.kantei.go.jp/cn/96_abe/statement/201410/1019iba_speech.html
安倍总理演讲--国际法曹协会(IBA)年会东京大会 2014 年 10 月 19 日 (星期日) (暂译)
  能有幸得到天皇皇后两位陛下莅临、国内外诸多人士出席,在东京迎来国际法曹协会年 会,我感到万分喜悦。 今天,我想对富有盛名的国际法曹协会的诸位谈一谈我对“法治” 的看法。“法治”这个词,虽然起源于西方,但其内容具有普遍意义,绝不仅限于西方。亚 洲自古也有相类似的想法。“法治”的本质可谓,权力并非绝对,权力应服务于权利之上的 客观存在以及可束缚权利的道德。这里所说的客观存在,在西方启蒙思想中被称为“公共意 志”,在以日本为首的东北亚各国则将之称为“天”。我的故乡山口县,辈出引领日本走向近 代化的明治志士。这些志士们的老师,被敬为明治维新先驱的吉田松阴先生,曾说过:“天 之目从于民之目,天之耳从于民之耳”。这正意味着民之声即为天之声。人之心即为天之心, 所有人心所向之处就是“天”。接受松阴先生的这些教导而觉悟的年轻武士们,此后成为推 动历史的巨大力量,引领日本走向现代化。回顾历史,日本在 6 世纪接纳了佛教,在日本文 明之花开放之时起,“法治”就为世人所熟悉。在当时的为政者常常诵读的“金光明最胜王经”中,就有关于王若不依法治国,就会如同象踩花坛而有损于政的教诲。皈依佛教的圣德太子早在 7 世纪就制定了由十七项条款组成的日本第一部宪法。西方发展起来的“法治” 能在亚洲各国生根,民主主义能够茁壮成长,是因为与“法治”相同的想法,原本就深深地 扎根于亚洲各国的传统精神之中,其中不乏众多拥有千年历史的古国。“法治”这一想法具 有普遍意义。在其深处,定存在温暖的人心。那是深沉的爱。在东亚,被称为“仁”或是“慈 悲”。这是人与人互帮互助、创建社会、共同生存中不可或缺的。无论是印度宗教学家维韦 卡南达,还是俄罗斯文学巨匠托尔斯泰或许都曾说过“神即是爱”。由爱相连互助的人们, 一致认可的社会道德规范,这就是法。只要有人类社会,就必定有法。而且,权终为法之仆。 国际社会也无一例外。20 世纪的国际社会就是在“法治”的基础上形成的。而此前的国际 社会,暴力并未被完全否定,战争、植民地统治理所当然地存在着。直至 20 世纪中期,战 争才被否定,建立起以联合国宪章为基础的新国际社会。同时,世界各地的植民地纷纷实现 了独立。21 世纪的国际社会,应根据协商达成一致,遵从规则,创造并改善国际秩序。建 立起谁都可以无需畏惧单方暴力的世界,这就是我们在战后努力创建的国际社会。
2300年前,中国的思想家孟子曾说过,
天下有道,小德役
大德,小贤役大贤;が脱落すると、意味が通らない]
天下无道,小役大知力弱役知力强。
绝不可重回孟子所说的天下无道。
  维护由法律和正义支配的国际社会,不仅符合日本的国家利益,也贯穿日本的外交理 念。我国为实现国际社会的“法治”,不断开展广泛的外交。首先,是对于“完善法律制度 的支援”。至今为止,日本举全国之力,以亚洲各国为主要对象,支援完善其本国的法律制 度,其中不仅得到了法务省、外务省、独立行政法人国际协力机构(JICA)等的鼎力支持, 也获得了大学等教育机构、日本律师联合会、各地律师协会及律师们的多方帮助。此外,我 国尤其积极参与女性能力的提高、权利保护与促进领域的国际合作。今年 4 月 1 日,我国 签署的国际掳拐儿童民事方面公约正式生效。我国将根据这一国际规则积极解决掳拐儿童 问题。无疑,“法治”绝不是仅依靠国家就能确立的。国际法曹协会年会,首次在东亚地区 并选择了我国为其举办地,我感到不甚荣幸。作为“律师协会的联合国”,国际法曹协会历 经半个多世纪,精力充沛地发挥着指导世界各国律师的作用,今后也定会在实现国际社会的 “法治”中承担极其重要的职责。在全球化进程中,国际社会所面临的法律性问题也不仅更 为国际化,也更为复杂多样化。要恰如其分地解决这些问题,就需要法律和国际素养兼备的 律师在国际社会中发挥跨国的作用。我国现在正积极努力培养并灵活使用能活跃在国际社 会最尖端的才华横溢的律师。我希望,今后能继续得到众多律师的鼎力相助,为国际社会 “法治”的确立与强化而奋斗。我国在战后 70 年,作为尊重民主主义、基本人权,尊崇“法 治”的和平国家,始终致力于国际社会的稳定与繁荣。想来 20 世纪前半期的日日夜夜,是 世界为革命、战争、殖民地独立而战的时代。我认为,我们从 20 世纪吸取的教训正是“法 治”,作为民主主义、基本人权、和平解决冲突的规则具有十分重要的意义。我们希望与诸 位一起,与诸位的政府一同,为实现遍布世界的“法治”,共同发挥领导作用。谢谢。
http://www.kantei.go.jp/cn/96_abe/statement/201410/1019iba_speech.html

 われわれの勉強会は、各人の発言時間が限られていたので、石井さんの問題提起を私が十分に理解したかどうかは心もとない。しかし、私の理解する限りでは、安倍首相は「(孟子 が)天下が乱れれば、力のある大国が支配する、ということを言っています。孟子の言う天 下無道の時代に戻ることは許されません」(英訳 but if the world under the Heavens turns to be bad a big and strong nation will prevail. We must never again allow ourselves to fall into the world without justice that Mencius speaks of.中国語訳天下无道,小役大,弱役强。”绝不可重回孟子所 说的天下无道。)と語ったが、この文脈に抵抗を感じたようだ。
 安倍首相は「力のある大国」(すなわち中国)が天下を乱して、天下無道の世界に戻そう としているが、それは許されないと中国を牽制したが、「孟子のこの言葉で、中国の大国主 義を牽制する」のは、「孟子の論理から外れるのではないか、すなわち妥当な引用とはいえ ないのではないか」、という趣旨であったと思う。

 なるほど面白い問題提起だ。私はこの法曹会議のことも、安倍演説のこともまるで知らな かった。改めて、安倍演説を読み直してみよう。
 官邸の中国語訳として、孟子を引用した箇所は、つぎのようになっている。
 孟子曰、天下有道、小徳役大徳、小賢役大賢。
 孟子曰く、天下に道あり、小徳は大徳を使役し、小賢は役大賢を使役する。
 この下線部は論理がおかしい。
  天下に道有り、王道政治が行われる時は、小徳は大徳に使役せられ、小賢は大賢に使役せられる――こうでなければ、王道政治のスジが通らない。つまり、この引用は、天下有道、 小徳役大徳、小賢役大賢――でなければならない。が脱落したために、論理が逆にな っている。
 孟子の後半は、覇道政治を述べている。
 天下無道、小[徳]役大[徳]、弱[賢]役強[賢]――天下に王道政治が失われ、覇道政治が行われる時は、「有徳の士」ではなく、「徳の小さき者」、「不徳の輩」によって政治が行われる。 すなわち「小徳が大徳を使役し、賢さに劣る者が賢さにおいて勝る者を使役する」乱れた政 治になる。では、王道と覇道の関係はどうなるか。
 斯二者[大徳、大賢]天也。順天者存、逆天者亡――すなわち、「大徳、大賢」こそが天の命 ずるところ、天命である。この「天命に従う者は繁栄し、天命に逆らう者は亡ぶ」。
 孟子の論理は、きわめて明快だ。
 天下に王道政治が失われ、覇道政治が行われることは、歴史上、しばしば見られた。だが、覇道政治がいつまでも続くことはありえない。「小徳が大徳を使役し、賢さにおいて劣る者 が賢さにおいて勝る者を使役する」ような覇道政治は、「天命に背くもの」であり、「亡びの 運命」が待つばかりだ。そのとき、天命に従う有徳の士が再び現れ、王道政治を復活させるであろう。
 孟子はここで、「易姓革命の論理」を説いているのだ。
 「力のある大国」が天下を乱して、「天下無道の世界に戻そうとしている」ことを批判し たものではない。
 この文脈で、安倍スピーチの孟子引用は、孟子の思想を正しく理解した上での引用とはい いがたい。一知半解のそしりを免れない。
 ところで安倍首相は、このスピーチの冒頭で「私の郷里は、日本を近代化に導いた明治の 志士を数多く輩出した山口県です。この志士たちの先生であり、明治維新の先駆者とも言う べき吉田松陰先生の、次のような言葉を御紹介したいと思います」と、松陰に触れて孟子を 引用したから、話はますます混乱する。
 松陰は『講孟箚記』という講義録を残したことから分かるように、孟子の講義を行ったこ とはよく知られている。だが、松陰は、孟子の説く「易姓革命の論理」は、これを厳しく拒 否した。なぜか。万世一系の天皇制と矛盾するからだ。
 実は、7世紀の大化改新以来、日本の先人たちは、松陰と同じく、中国からあらゆる政治 思想を輸入しながら、万世一系と矛盾する「易姓革命の論理」だけはこれを拒否して輸入し なかった長い歴史がある。そこで、「不徳の致す所」という微妙、曖昧な言い方になり、古 代漢語のもっていた論理的対照性が崩れる。「不徳」や「徳が薄い」という言い方はしばし ば行われ、また「徳政令」は、しばしば貧民を救ってきたが、「徳治」の対極観念、すなわ ち易姓革命を導くような断固たる覇道の世界を、論理として排除してきた。これが日本の政 治思想の大きな特徴の一つである。
 私自身は朝河貫一の『大化改新』論を訳して、この経緯を学んだ。
 要するに松陰は孟子を愛読したけれども、易姓革命の論理は避けたのだ。
 安倍スピーチは、この辺りの機微を知らずに、覇道政治を批判し、孟子の論理によって、中国の大国主義を批判できると錯覚したように見える。これは二重、三重に賢明ではない。
 第一に、孟子についての解釈論争が始まったら、絶対に先方に有利であろう。孟子の思想 はそもそも中国のもの、彼らの「話語権」は圧倒的に大きい。先方に有利な土俵で争うのは愚かである。
 第二に、日本思想史では易姓革命論を排除したので、「天下無道の時代」を積極的に克服する有効な手段をもたない。古人が日本への輸入を断固として拒否した易姓革命論がらみ の語録を千五百年後の後人があえて持ち出すのは、藪蛇にならないか。
 第三に、易姓革命論は「天命」なるがゆえに是認されるのであり、安倍スピーチのように「許されません」と道徳的に非難しても始まらない。

[蛇足]吉田松陰「投夷書」のウィリアムズによる英訳
 私は 2012 年 12 月に「衛三畏(サミュエル・ウィリアムズ)生誕 200 周年記念北京外国語 大学シンポジウム」に招かれて、「ペリーの白旗問題」を論じて、故松本健一や宮地正人を批判し、吉田松陰とウィリアムズとの対話に触れた。それを納める予定の英文論文集は丸 2
 年を経てもまだ出ていない。この機会に松陰のいわゆる投夷書(『松陰全集』第 10 巻所収) の原文を再読しておきたい。投夷書の現物はいまイェール大学スターリング図書館ウィリ アムズ父子ペーパーズに現物が保存されている。私自身はサミュエルの子フレデリックが 朝河貫一の恩師であることから、松陰にたどり着いたものだ。
 スターリング図書館のウィリアムズ文書に「投夷書」の原文および「添書」が残されてい ることを初めて紹介したのは、夜久正雄の「研究ノート、エール大学図書館・ウィリアムズ 家文書の吉田松陰渡海密書二通について」(『亜細亜大学教養部紀要』15 号、 53-73 ページ、1977 年)であった。夜久はこの文献について詳細な検討を行っている。たとえば金子重輔の 仮名「市木公太」が Isagi Kooda とローマ字表記されたのは、カタカナのフリガナ「イチギ」 が「イサギ」に見えるからだ。また吉田松陰が「瓜中万二」の仮名を用いた根拠は、吉田家 の家紋が、周りが「瓜文(かもん)」で、中が「卍」のため、「かのうち・まんじ」を用いたこ となど周到な考察を行っていて、たいへん興味深い。
 ウィリアムズは「投夷書」をどのように訳したか。
 原文と英訳とを対比して見よう。松陰が偽名「瓜中萬二」で書いた漢文調の乗船依頼文は、以下のように完璧に訳されている。投夷書解読にあたって羅森の協力が大きいことは、当然予想され、ウィリアムズ個人の力だけで訳したものではないが、ウィリアムズ首 席通訳以下のペリー艦隊通訳陣は、これだけの能力を備えていたのだ。その前年の訪日の 際は、アヘン中毒の中国人通訳薛老人が沖縄沖で病死していた。当時のウィリアムズ通訳 陣は、翌1854年4月時点(この時は羅森がいた)よりは弱体であったとはいえ、幕府側が「皇朝古体文辞」と称した白旗文書を書く能力は、備えていたと解してよいのだ。
 吉田松陰「投夷書」の英訳は、以下の通りである。

  日本国江戸府書生、瓜中萬二、市木公太、呈書貴大臣各将官執事。Two scholars of Yedo in Japan, named Ichisagi Kooda, and Kwanouchi Manji, present this letter to the high officers and others who manage affairs.
  生等賦稟薄弱、軀幹矮小、固自恥列士籍、That which we have received is meager and trifling, as our persons are insignificant, so that we are ashamed to come before distinguished persons;
  未能精刀槍刺撃之技、未能練兵馬闘争之法、we are ignorant of arms and their uses in battle, nor do we know the rules of strategy and discipline;
  汎汎悠悠玩愒歳月、we have, indeed, uselessly whiled away our months and years, and know nothing.
  及読支那書、稍聞知欧羅巴米理駕風教、乃欲周遊五大洲。We have heard a little of the customs and knowledge of the Europeans and Americans, and have desired to travel about in the five great continents,
  然而吾国海禁甚厳、外国人入内地与内地人到外国、皆在不貸之典。是以周遊之念勃勃然、往来於心胸間、而呻吟趑跙、蓋亦有年矣。but the maritime prohibitions of our country are exceedingly strict, and for foreigners to enter the ‘inner land, or for natives to go to other countries, are alike among the immutable regulations. Therefore our desire to travel has been checked, and could only go to and fro in our breasts, unable to be uttered, and our feet hampered so as not to stir.
  幸貴国大軍艦連檣来泊吾港口為日已久、生等熟観稔察深悉貴大臣各将官仁厚愛物之意、平生之念、又復触発。This had been the case for years, when happily the arrival of so many of your ships anchoring in our waters now for many days, and our careful and continuous examination of the kind and humane conduct of your officers and their love of others, has excited the desire of years which now struggles for its exit.
  今則断然決策、将深密請託仮坐貴船中潜出海外、以周遊五大洲、不復暇顧国禁也。We have decided on a plan, which is very privately to request you to take us aboard of your ships and secretly carry us to sea, that we may travel over the five continents, even if it is disregarding our laws.
  願執事辱察鄙衷、令得成此事。生等所能為百般使役、惟命是聴。We hope you will not regard our humble request with disgust, but will enable us to carry it out; whatever we are able to do to serve you will be considered as orders as soon as we hear it.
  夫跛躄者之見行走者、行走者之見騎乗者、其意之歆羨如何耶、況生等終身奔走、不能出 東西三十度、南北二十五度之外、以之視夫駕長風、凌巨涛、電走千万里、隣交五大洲、豈 特跛躄之与行走、行走之与騎乗之可譬哉。When a lame man sees another walking, or a pedestrian sees another riding, would he not be glad to be in his place? How much more now, since for our whole lives we could not go beyond 30 degrees east and west, and 25 degrees from north to south, when we behold you come riding on the high winds and careering over the vast waves, with lighting speed coasting along the five walkers an opportunity to ride!
  執事幸垂明察、許諾所請、何恵尚之。惟吾国海禁未除、此事若或伝播、則生等不徒見追捕召回、刎斬立到無疑也。事或至此、則傷貴大臣・各将官仁厚愛物之意亦大矣。We hope you who manage this business will condescend to regard and grant our request; but as the restrictions of our country are not yet removed, if this matter becomes known, we shall have no place to flee, and doubtless must suffer the extremist penalty; and this would greatly grieve your kindness and benevolence of heart to your fellowmen.
  執事願許所請、又当為生等委曲包隠、至於開帆時、以令得免刎斬惨。若至他年自帰、則国人亦不必追窮往事也。We trust to have our request granted, and also that you will secrete us until you sail, so as to avoid all risk of danger to life; and when we return here at a future day, we are sure that what has passed will not be very closely investigated.
  生等言雖疎漏、意実誠確。執事願察其情憐其意、勿為疑、勿為拒。Though rude and unpracticed in speech, our desires are earnest, and we hope that you will regard us in compassion, nor doubt or oppose our request.
  萬二・公太同拝呈。 日本嘉永七年甲寅三月八日 April 10th.”

 最後に松陰自筆の投夷書写真版を掲げる。



 

               
<目次>へ戻る