第43号 2007.11.14発行 by 中村 公省
    紅色企業家 <目次>へ戻る
  中国共産党第17回大会では、「紅色企業家」、すなわち民営企業の企業経営者(資本家)の代表者が30名ほど登場した。全代表数2217人中の30人(1.4%)であるから微細なものあるが、5年前の16回党大会時の7人に比較して急激な増大ぶりである。
 これは「三つの代表」論に基づいて、「新経済組織」と「新経済組織」(二つの新組織)の代表が「適当な割合」を占めなければならないという中共の新党建設方針に沿って選出されたものである。「新経済組織」とは、私営企業、外資企業、香港・マカオ企業、台湾企業、株式合作企業、個人経営企業など各種非公有制の独資経済組織を指している。
 中共組織部によれば、2002年から2006年までの間に、全国非国有企業の党組織は9.9万から17.8万へと79.8%増。「非公有経済単位の管理者および技術専門家」の党員は2005年末131.6万人(全党員の1.9%)、2006年末286.3万人(同4.0%)、2007年6月末318万人(同4.3%)と急増している。
 30人ほどの17回党大会代表は地域社会で富と権力を手にした「新経済組織」300万党員の代表者であり、社会主義市場経済のニューリーダーである。
 下表は2217人の党代表名簿の中から「紅色企業家」を抽出して、その肩書き・主要経歴を一覧にしたものである。代表名簿は筆画順に姓名が並んでいるだけだが、ネットサーフィンの結果、24名を一覧にした。以下、17回党大会関連報道を参考にして、この一覧表に若干の補足説明を加えておく。
紅色企業家
写真:周海江 姓名 周海江
性別
年齢 41歳
企業名 紅豆集団
企業所在地 江蘇省無錫市
企業業種 アパレル、ファッション
企業・党役職 総裁
賞罰 中国服装協会副会長、全国工商聯直属会員商会執行会長
写真:朱相桂 姓名 朱相桂
性別
年齢 58歳
企業名 森達集団有限公司
企業所在地 江蘇省建湖県
企業業種 靴、衣料メーカー
企業・党役職 董事長、党委書記、十六大代表
賞罰 全国軽工業優秀企業家、全国労動模範、全国傑出貢献企業家
写真:沈文栄 姓名 沈文栄
性別
年齢 61歳
企業名 沙鋼集団
企業所在地 江蘇省張家港市
企業業種 製鉄業
企業・党役職 董事長、党委書記、十六大代表
賞罰 元張家港市委副書記。全国労働模範、中国鉄鋼協会副会長、全国工商聯冶金業商会会長
写真:李登海 姓名 李登海
性別
年齢 58歳
企業名 山東登海種業股分有限公司
企業所在地 山東省莱州市
企業業種 トウモロコシなどの種苗業
企業・党役職 董事長、中共十四大
賞罰 莱州市農業科学院院長、全国人大第八、九届常務委員会委員
写真:陳学利 姓名 陳学利
性別
年齢 56歳
企業名 威高集団有限公司
企業所在地 山東省威海市
企業業種 使い捨て医療機器メーカー
企業・党役職 董事長
賞罰
写真:張瑞敏 姓名 張瑞敏
性別
年齢 58歳
企業名 海爾集団
企業所在地 山東省青島市
企業業種 家電メーカー
企業・党役職 董事局主席、首席執行官、党委書記、中共十四大、十五大、十六大代表、十六期、十七期中央委員候補
賞罰 全国優秀共産党員称号
写真:楊林静 姓名 楊林靜
性別
年齢 39歳
企業名 広東榕泰実業股份有限公司
企業所在地 広東省掲陽市
企業業種 アミノ樹脂メーカー
企業・党役職 董事会董事、党支部書記、工会主席
賞罰 広東省科技進歩一等奨、全国三八紅旗手、全国女職工建功立業標兵
姓名 余玉清
性別
年齢 53歳
企業名 広東聯発毛紡織有限公司
企業所在地 広東省東莞市
企業業種 毛織物
企業・党役職 副総経理、党支部書記、工会主席
賞罰
写真:陳愛蓮 姓名 陳愛蓮
性別
年齢
企業名 万豊奥特集団
企業所在地 浙江省新昌県
企業業種 自動車アルミ製車輪メーカー
企業・党役職 董事長
賞罰 中国十大女傑、全国“三八”紅旗手、中国優秀女企業家、中国傑出創業女性、中国企業聯合会副会長
写真:張暁霞 姓名 張暁霞
性別
年齢 42歳
企業名 北京三元集団奶牛中心
企業所在地 北京市
企業業種 乳牛の品種改良など
企業・党役職 副主任
賞罰 第15回中国十大傑出青年、全国五一労働彰章、中国十大魅力的英才、中国民営経済十大風雲人物
写真:韋飛燕 姓名 韋飛燕
性別
年齢 43歳
企業名 广西花紅薬業有限責任公司
企業所在地 広西柳州市
企業業種 家庭用医薬メーカー
企業・党役職 董事長、総経理、十期人大代表
賞罰 中国青年聯合会委員、広西党代会代表、広西十届人大代表、中国青年企業家協会第九届理事
写真:王建林 姓名 王建林
性別
年齢 53歳
企業名 万達集団
企業所在地 遼寧省大連市
企業業種 不動産業、物件レンタル業
企業・党役職 董事長、総経理
賞罰 大連市政協常委、2006年度最も影響力のある25人の企業リーダー、全国関愛員工優秀民営企業家
姓名 王桂蓮
性別
年齢
企業名 吉林華星電子集団有限公司
企業所在地 吉林吉林市
企業業種 テレビ三極管など電子部品メーカー
企業・党役職 董事長
賞罰
写真:付華廷 姓名 付華廷
性別
年齢
企業名 富華集団
企業所在地 黒龍江省甘南県
企業業種 農畜産品加工(新農村建設)
企業・党役職 董事長兼総裁、甘南県興十四村党総支書記
賞罰
写真:尹同燿 姓名 尹同耀
性別
年齢 45歳
企業名 奇瑞汽車公司
企業所在地 安徽省蕪湖市
企業業種 自動車メーカー
企業・党役職 董事長、総経理、党委書記
賞罰 全国“五一”労動奨章、全国労動模範、全国優秀共産党員称号、2005年獲CCTV年度経済人物
写真:涂建民 姓名 涂建民
性別
年齢
企業名 江西萍郷鋼鉄有限責任公司
企業所在地 江西省萍郷市
企業業種 製鉄業
企業・党役職 董事長兼総経理
賞罰 全国労動模範、中国優秀民営科技企業家、江西工業十佳創業能人、江西省年度十大経済人物
写真:王波 姓名 王波
性別
年齢 44歳
企業名 湖北百歩亭集団
企業所在地 湖北省武漢市
企業業種 社区不動産公司(和諧社のモデル)
企業・党役職 総裁
賞罰 全国精神文明建設先進個人、武漢市十大明星党員
写真:梁穏根 姓名 梁穏根
性別
年齢 54歳
企業名 三一集団
企業所在地 湖南省長沙市
企業業種 機械設備製造
企業・党役職 董事長
賞罰 八、九、十回全国人民代表、全国労働模範、全国優秀民営企業家、優秀社会主義事業建設者、CCTV2005中国経済年度人物
姓名 孫宏原
性別
年齢
企業名 沁新煤焦集団
企業所在地 山西省沁源県李開鎮
企業業種 エネルギー関係
企業・党役職 事長兼総裁、党委書記
賞罰 山西省総商会副会長、就業再就業功臣、長治市経済傑出人物
写真:潘剛 姓名 潘剛
性別
年齢 37歳
企業名 伊利実業集団
企業所在地 内蒙古呼和浩特市
企業業種 乳製品メーカー
企業・党役職 董事長兼総裁
賞罰 2005CCTV中国経済年度人物
姓名 張佑仁
性別
年齢
企業名 成都恆力磁性材料有限公司
企業所在地 四川省成都市
企業業種 高性能磁石メーカー
企業・党役職 董事長、党委書記
賞罰 全国先進基層党組織
姓名 劉崇喜
性別
年齢
企業名 寧夏美利紙業股分有限公司
企業所在地 寧夏回族自治区中衛市
企業業種 製紙業
企業・党役職 董事長
賞罰
姓名 張全年
性別
年齢
企業名 甘粛全聖集団
企業所在地 甘粛省武威市
企業業種 建築、製紙、道路建設、園林苗木培育など
企業・党役職 董事長、総経理
賞罰 全国労動模範、全国優秀郷鎮企業家、五一労動奨章
姓名 方敏
性別
年齢
企業名 新疆広匯実業投資集団
企業所在地 新疆自治区烏魯木斉市
企業業種 天然ガス、液体ガス、自動車サービス、不動産
企業・党役職 党委書記、監事局首席
賞罰


1.  周海江・江蘇省紅豆集団総裁兼党書記
 「紅色企業家」としてスポークスマンの役割を果たしたのは、無錫のアパレルメーカー江蘇省紅豆集団の総裁にして党委員会書記の周海江(41歳)である。彼は1987年、22歳の時に河海大学の教員の職を辞し、父親とともに郷鎮企業を起業した。小規模なメリヤス工場だったが、二十数年の努力の末、いまや年間販売額150億元、納税総額10億元超で、従業員2万人を擁する大企業になった。業態はアパレルにとどまらず、自動車、不動産、生物製薬などにおよぶ。2001年に上海証券取引所に上場。2006年には、カンボジアに海外進出を果たした。
 周海江が中国共産党に入党したのは大学生の時で、共産主義青年団中央から「中国青年五四」奨章を授与されている。洗紅豆集団に党委員会が成立したのは10年前の1997年のことであった。現在の集団の党員数は7350名。党委の下に2党総支部、14党支部、85党子組がある。集団子会社の経理(社長)すべてが共産党員で、100余孫会社の80%の工場長、経理(部長)が党員になっている。集団公司党委は無錫市と江蘇省の「先進基層党組織」という評価を受けている。
 周海江は党組織を建設すれば民営企業の3つの欠陥(①チャンスがないこと、②チャンスをものにする人材がないこと、③人材を得るのに人心を得られないこと)を補うことができると言っている。紅豆集団を民営企業のモデルとするとともに、民営企業の代表となり、周海江は民営企業の声を党中央に反映させようとしている。彼は以下のような説法で外国記者団を煙に巻いた。
 「わが党はかつて無産階級の先鋒隊と言ってきたが、いまや労働者階級先鋒隊である。改革開放とともに、労働者階級はみな有産になった。私は党員となった、私は労働者階級の利益を代表している。」
2. 万豊オート集団董事長兼党委書記・陳愛蓮
 もう一人、女性のスポークマンは浙江省紹興市新昌県の万豊オート集団董事長兼党委書記・陳愛蓮であった。
 万豊オート集団は1994年に創業した自動車アルミホイールメーカーである。2000年に国内シェア40%を突破、2001年に中国成長企業100選の全国39位、浙江省10位に入選した。12年後にして集団の従業員6000余、業態は自動車部品、機械装備、マグネシュムなどに広がり、浙江、上海、山東、重慶、広東、米国、英国などに拠点を置く上場企業となった。
万豊オート集団は創業とともに党組織をつくり、2001年に党委に昇格し、10党支部を設け、党員360人を擁している。
 陳愛蓮はかつて数々の社会的名誉に輝いている。中国十大女傑、全国“三八”紅旗手、中国経営大師、全国優秀創業企業家、中国優秀女企業家、中国傑出創業女性、中国機械工業明星企業家、風雲浙商、浙江省優秀中国特色社会主義建設者等の称号。また、政治にも参加し浙江省党代表を務め、中国企業聯合会副会長等の業界職務をこなしてきた。しかし、中共全国代表大会代表は格別の意味があり、「私はこれまで多くの栄誉を得てきたが、この党大会代表は最高の栄誉だ」と述べている。
 また、この5年の間に民営企業に対する態度が変わったことを述懐しているのが印象的である。「5年前には社会の民営企業に対する偏見があったが、いまは民営企業と非民営企業の差別を感じない」と。
「われわれは自分の企業の代表ではない。末端の民営企業家の声は私を通じて反映される必要がある」というのが党全国代表になっての彼女の新たな決意である。
3.  紅色企業家の特徴
 党代表は地域を代表して選出される。民営企業が発展している沿海部の趨勢を反映して、江蘇、山東が3人、広東が2人出ているが、何故か一番民営化が進んでいる浙江は1人しか確認できない。江蘇省の代表は、紅豆集団総裁の周海江のほかに、靴・衣料メーカー森達集団有限公司の朱相桂、「鋼鉄の父」といわれる張家港沙鋼集団の沈文栄である。このうち朱相桂、沈文栄の2人は16回大会からの2期連続代表である。「新経済組織」の代表が「適当な割合」を占めなければならないという方針を貫徹して中部、西部、東北の各省も1人ずつ選出されているが、適当な人物を選出できない省も少なくない。
 紅色民営企業家は企業の中で、その多くが董事長(オーナー)と党支部の書記または工会(労働組合)の主席を兼任している。資本家経営者にして共産党首脳、労働組合のリーダーであるといっても、企業あっての組織であるから、企業組織の裏側に共産党や労働組合組織が二重組織を築いているという形である。この寄生組織が意味を持っているのは、中国が共産党独裁の国家・地方行政組織を築いていて、同じ共産党組織のパイプを通じて、ヒト、モノ、カネ、情報を取り入れ、取り出すことができるからであろう。
 各代表はみな業界・地域の役職を兼任している。江蘇の代表を見ると、周海江は中国服装協会副会長、全国工商聯直属会員商会執行会長、朱相桂は全国軽工業優秀企業家、全国労動模範、全国傑出貢献企業家、沈文栄は元張家港市委副書記、全国労働模範、中国鉄鋼協会副会長、全国工商聯冶金業商会会長などを兼任している。党活動以外に政治協商会議、人民代表大会の代表に進出している者もいる。彼らは地域経済のリーダーであるとともに政治・社会のリーダーにもなろうとしていると見られる。
 2004年の数字ながら、中国全人口中5%の人が中共党員であるが、民営企業家の40%が党員であり、そのほかに25%に経営者が入党を希望しているというデータがある(新華社浙江頻道2004.01.09)。民営企業は改革開放以後、とりわけこの10年ほどの市場経済の拡大に伴って成長した新生事物であり、「共産党がわれわれを培養した」(余玉清広東聯発毛紡織有限公司副総経理)と認識されている。民営企業家と共産党とは、現在のところ共存共栄で相性がいい。
 紅色企業家は、「先に豊になった者」で、金持ちである。表中の企業家のうち4人が2006年の「(胡潤版)中国富豪ランキング」に登場している。最高位は82位の沙鋼集団沈文栄で、資産34億元(約510億円)、彼は2005年には34位に地位にあった。2番目が三一集団梁穏根が137位、資産22億元(約330億円)である。紅豆集団の39歳の周海江が父親の周耀庭とともに145位で21億元(約315億円)、森達集団の朱相桂が376位で9億元(約135億円)という具合である。「(フォーブス版)中国富豪ランキング」には342位に威高集団有限公司・陳学利、8.8億元(約132億円)の名前が見える。「中国富豪ランキング」には顔を出していないが、家電のハイアール(海爾集団)の張瑞敏、国産乗用車メーカーのチェリー(奇瑞汽車公司)の尹同耀が中国特大の大金持ちであることは論を待たない。
 「新経済組織」と「新経済組織」を合わせた「新社会層」は中国に5000万人おり、約10兆元資本を掌握・管理し、全国の半数以上の技術特許使用し、税収の3分の1近くに間接・直接に貢献していると報道されている。
 「中国富豪ランキング」との関係で目立つのは、企業業種が著しく異なることである。例えば、「(胡潤版)中国富豪ランキング」[2007年中国富豪50傑(胡潤ランキングより)]をみると、不動産業がベスト10で6社、ベスト50で23社占めていて、不動産バブルを印象付けているが、紅色企業家一覧には不動産が極度に少ない。中共組織部が人選に当たってリスキーな不動産業者を嫌った結果であろう。紅色企業家一覧に多いのは産業資本家である。しかも、重複がなく各業界に渡るようにバランスを取って人選していることがわかる。業種は、アパレル、自動車、製薬、製靴、製鉄、種苗業、医療機器、家電、樹脂、毛織物、アルミホイール、乳牛品種改良、家庭用医薬、物件レンタル、テレビ部品、農畜産品加工、機械設備、エネルギー、乳製品、高性能磁石、製紙、建築、道路建設、天然ガスなど多彩である。
 最後になったが、上記の紅色企業家一覧で日本人に最も名前の知られているのは、ハイアール集団の張瑞敏であろう。ハイアールは世界四大白物家電メーカーであり中国で一番価値のあるブランドである。集団の下に240の法人があり、世界30数カ国拠点をもって、2006年の世界営業額1075億元(約1兆6125億円、従業員5万人を擁する多国籍企業である。
 張瑞敏はハイアール集団の董事局主席、首席執行官にして党委員会書記である。早くも1992年の中共第十四回大会で党代表の座を獲得して、続いて第十五回大会、第十六大会、第十七大会と連続して党代表となっている。「紅色企業家」の地位は彼によって切り開かれたと言ってよい。その代償として中共組織部から贈られたのが中国共産党第十六期中央委員会候補委員、そして第十七期中央委員会候補委員の地位である。
多国籍企業のオーナーにして経営者が中国共産党中央委員会委員を務めるのは、誠に社会主義市場経済のふさわしい花飾りである。
 
このページの上へ <目次>へ戻る