中国の論調・翻訳紹介    
     第10号 2021.01.13発行 〈目次へ〉   
    特稿:世界の挑戦を迎え、人類の福祉を共謀する
中国共産党100年誕生日の世界の期待

新華社北京1月11日電
新華社記者趙盤丁瑩商婧
村田忠禧
訳者プロフィール>>
 2021年は中国共産党100年の誕生日である。中国は「二つの百年」の歴史的合流点に立ち、社会主義現代化国家を全面的に建設する新たな征途が間もなく開かれる。世界はより多くの目を中国に向け、中国共産党が志を変えず人民の幸福を図り、民族の復興を図り、世界の大同を図ることに焦点を当てている。
 多くの国の人々は中国共産党の指導の下で、中国が引き続き世界のために知恵、方案、力を貢献し、世紀の疫病の発生状況と百年の変局が絡み合う中で、各国と手を携えて挑戦に対応し、世界経済の回復を助け、人類共同の福祉を増進することを期待している。
団結と協力によって共通の運命を築く
 「中国共産党は人民の幸福をはかる政党である。中国共産党の百年の歴史は、人民の幸福をはかる歴史である」パレスチナ民族解放運動中央委員でアラブ関係・中国事務相のアッバス・ザキ氏の目に映る百年大党だ。
 百年来、人民に奉仕し、人民によい生活を送るようにすることは中国共産党のたゆまぬ追求である。ラオス人民革命党中央弁公庁の京培副主任は次のように述べた。中華民族の偉大な復興を実現するための征途において、中国共産党は終始人民を中心とし、誠心誠意人民に奉仕し、人民に全力を尽くしてもらっている。
 大道は孤ならず,天下は一家である.。中国共産党は中国人民の幸福をはかるとともに、全人類に貢献することを重要な使命とし、人類運命共同体の理念を積極的に提唱し、実践している。世界を襲った新冠疫病の発生状況は、世界にこれまで以上に「運命と共」の意味を深く体得させた。
 「中国は人類が風雨同舟の運命共同体であることを強調しており、団結・協力し、手を携えて対応してこそ、国際社会は疫病の発生状況に打ち勝つことができる。」ザキは言う。
 2020年には厳しい挑戦を刻み、2021年には深い期待を寄せています。世界は百年大会の行為と理念から自信と啓発を得た。
 世界戦「疫病」の中で、中国は意見の相違の代わりに団結を推進することを堅持し、国際抗疫病協力に積極的に参与し、責任ある大国としての責任を示した。京培氏によると、中国は国際抗疫協力を推進し、人類衛生健康共同体の構築を提起しており、「これは共産党員の国際主義の本領である」。
 ボスニア・ヘルツェゴビナの中国問題専門家ファルク・ボリッチ氏は、「中国が率先して疫病の発生状況の曇りから抜け出し、経済社会生活を再開したことは、世界にとって大きな鼓舞となる。アルゼンチンの国際問題専門家ゴンサロ・トルディーニ氏は、「中国は秩序ある組織と持続的な堅持の下で得られた際立った抗疫成果を世界に示した。新しい年、世界各国が手を携えて人類の福祉と運命のために共に努力することを希望します。
 2021年の新年早々、世界の新冠疫病の発生状況情勢は依然として厳しく複雑であり、各方面は新冠ワクチンの研究開発と接種に大きな期待を寄せている。中国はワクチンの研究開発が完了し、使用が開始された後、世界の公共製品として、「新型コロナウイルスによる肺炎ワクチン実施計画」に加入することを約束し、ワクチンが各国人民が真に使用できる、使用できる公共製品になるよう推進するよう努力している。スリランカ共産党のビラシンハ書記長はこれについて、これは「発展途上国のワクチン問題における期待を満たす」とし、「中国共産党の人類運命共同体構築推進に対する誠実な承諾とたゆまぬ努力はすでに抗疫実践の中で疑いの余地のない証明を得た」と述べた。
開放とウィンウィンで世界の回復を推進する
 「中国共産党百年の誕生日を前に、中国は小康社会の全面的完成に偉大な歴史的成果を収めた。今世紀中葉までに、中国は社会主義現代化強国になるだろう。私はこれを信じて疑わない。」ビラシンハ氏は次のように述べている。
 2021年、中国共産党100年の誕生日は第14次5カ年計画のスタートの年にあたる。中国は社会主義現代化国家を全面的に建設する新たな征途に就き、開放・協力のレベルを絶えず引き上げ、質の高い「一帯一路」共同建設を推進し、超大規模な市場優位性と内需潜在力を十分に発揮し、自らの発展によって世界経済の回復を推進し、各国とより多くの中国のボーナスを分かち合う。
 エジプト外交事務委員会のイザト・サアド主任は次のように述べた。中国は「国内の大循環を主体とし、国内と国際の二重循環が相互に促進する新たな発展構造の構築」を提起し、「中国共産党と中国政府が対外開放を堅持する決意」を十分に表明した。中国はその発展の成果を世界と分かち合うことができ、この点は世界のパートナーの期待に値する。
 「一帯一路」は中国と世界の共同発展の重要なきずなである。海外のアナリストは、2021年にはますます多くの国がこの開放的な協力プラットフォームに目を向け、相互接続建設を通じて世界経済の早期回復を後押しすることを期待していると見ている。
 パキスタン上院のラザ・ラバニ前議長は次のように述べた。「一帯一路」共同建設構想は引き続き世界経済の発展を促進し、全世界の巨大なチャンスになる。英国共産党のロバート・グリフィス書記長は、世界の多くの国はすでに中国の日増しに増大する市場需要と直接投資から利益を得ており、「一帯一路」の共同建設は世界経済の成長をさらに推進するとの見方を示した。
 2021年は中国のWTO加盟20周年でもある。中国の対外開放協力の扉がますます大きく開かれれば開くほど、間違いなく世界により多くの市場チャンスを提供し、各国により多くの協力空間を創造するだろう。
 「ウィンウィンを開放し、天下の利益をはかる」。ジンバブエ中央アフリカ経済文化交流研究センターのドナルド・ルシャブワ研究員が中国共産党の政策理念を評価したものだ。中国経済が安定的な成長を維持することは、非中貿易を活性化し、アフリカ諸国の商工業システムの正常な運営を促進する上で重要な意義がある。
責任ある行動で世界的な課題に対処する
 2021年は中国が国連の合法的な議席を回復して50周年にあたる。現在、新冠疫病の発生状況は依然として世界に蔓延しており、極端な貧困、気候変動、生物多様性保護などの世界的な挑戦は依然として厳しい。国際社会は中国が引き続き多国間主義の理念を実践し、大国としての責任感を示し、各方面と力を合わせて各種のグローバルな挑戦に対応し、より公平で合理的なグローバルガバナンスシステムの構築を推進することを期待している。
 ラバニ氏は、現在世界が直面している最も深刻な問題については、協力なしには解決できないと述べた。中国共産党は歴史的な模範を樹立し、各国は中国と協力を展開し、人類運命共同体の理念を堅持し、世界的な挑戦に共に直面することを望んでいる。
 今年、中国はホスト国として昆明で「生物多様性条約」第15回締約国会議を開催する。国際社会はこれを契機に、より多くの共通認識を結集し、世界の生物多様性保護などのアジェンダがより大きな合力を形成するよう推進することを期待している。キューバ国営テレビの国際問題専門家アネリセ・ロドリゲス氏は、中国共産党と中国政府が地球環境を保護するために行っている努力は日増しに各方面から認められていると論評した。
 中国の生態環境保護の面での努力はロシア科学院極東研究所のマスロフ所長代理に感銘を受けた。中国が気候変動、海洋生態保護などの面で世界により多くの積極的な影響を与えることを期待している。
 フランスの著名な漢学者で元外交官の魏柳南氏は、中国は気候変動に対応する面で確実な目標を定め、大きな成功を収めたと見ている。この分野では、仏中、欧中の技術協力が期待されており、これらの協力は各方面に積極的な成果をもたらすだろう。
 新型国際関係の構築を推進し、人類運命共同体の構築を推進することは、中国共産党員が今日の世界が直面している現実問題の解決に着目し、人類社会の平和で永続的な発展に貢献する中国の知恵、中国の方案である。ロシア共産党中央委員会のジュガノフ主席は、中国が提起した国際関係モデルの魅力は日増しに増大しており、各国人民が共同の福祉のために平等に協力する人類運命共同体の理念を推進することは極めて将来性があると考えている。
 スーダン・ハルツーム政治科学研究所政治学教授のアブド・ハリク・マハグブ氏は、中国とスーダンを含むアラブ諸国が国連、世界保健機関など多国間の枠組みの下でさらに協調・協力し、発展途上国の利益と国際関係の基本準則を共同で守り、グローバル化プロセスとグローバルガバナンスシステムがより公平、公正、合理的な方向に発展することを促進することを期待する。
 千秋の偉業を胸に抱くのは,まさに百年の風光である。
 新たな歴史的起点に立って、中国共産党は時代とともに歩み、世界と手を携え、恒久的に平和で、普遍的に安全で、共に繁栄し、開放的で包容的で、清潔で美しい世界の建設に新たなより大きな貢献をするであろう。(参加記者:胡暁光、高蘭、熊思浩、章建華、張修智、倪瑞捷、唐璐、呉丹尼、劉天、孫暁玲、馬意、張玉亮、唐晴、林朝暉、楊臻)

特稿:共迎全球挑战 共谋人类福祉——中国共产党百年华诞的世界期待 中文 (原文 PDF)