竹内実先生の逝去を悼む





 竹内先生が亡くなられました!
 7月31日早朝、京都の徳岡仁先生から電話で知らせを受けて以来、痛恨の思いに沈んでいる。先生と、最早お会いできないのだという峻厳な事実が納得いかず、西方に向かって頭を垂れ、ひたすら合掌するばかり。この喪失感はなんとも癒しがたい。

 1923年〔大正12年〕6月12日生まれ、2013年7月30日死去、享年90。

 最後の著作は、2年ほど前の『さまよえる孔子、よみがえる論語』(朝日選書 2011年6月25日刊行)であった。晩年80歳代の筆力は実に驚嘆すべきもので、『中国 歴史の旅』『中国長江 歴史の旅』(朝日選書)、『コオロギと革命の中国』(PHP選書)、『中国という世界――人・風土・近代』『岩波漢詩紀行辞典』(岩波書店)など、次々構想をあらたにして力作をものにされた。著作三昧の日々の営みが生命力をかき立て長命が保証されたと思いたい。
 しかし、半年ほど前、いつもの太字の万年筆による雄渾な筆跡が委縮して乱れが生じたのに衝撃を受けた。お歳暮の礼状のハガキ一葉、それが先生から頂戴した最後の便りとなった。今年のお中元の礼状は遂に届かなかった。
 先生は中国著作最前線にあって大往生を遂げられた!

 先生の日本の中国研究者への遺言状とおぼしきものに、「竹内実 一身で日中二つの生を生きる」(馬場公彦著『戦後日本人の中国像――日本敗戦から文化大革命・日中復交まで』493-510ページ所収)がある。これはインタビュー記事であるが、談話記録に先生自ら5度にわたって徹底的に推敲を重ねた研究者一代記である。謹んでこれを熟読玩味し、ご冥福をお祈り申し上げることにしたい

2013年8月12日
㈱蒼蒼社代表兼21世紀中国総研事務局長 中村公省>


追記1:追悼会
 野辺送りの儀式があって欲しい。幸い、京都の現代中国研究会の吉田富夫先生らにより「竹内実先生を偲ぶ会」が計画されている(9月15日、於京都仏教大四条センター午後1時30分~4時30分)
 東京でも、同種の集まりが、桜美林大学北東アジア総合研究所の川西重忠教授らによって立案中である。(スケジュールが確定次第お知らせしたい。)

追記2:写真:2000年3月10日、東京で開催された「竹内実先生の受勲をお祝いする会」において参会者へ御礼の挨拶をする和服姿の竹内先生。

追記3: 21世紀中国総研ホームページでは、竹内実先生追悼文を掲載する用意があります。御執筆ご希望の方は、お申し越し下さい。(担当は中村公省)

追記4:2013年10月12日に竹内実先生 東京追悼記念集会が開催された。
 竹内先生追悼文および追悼記事
 以下に追悼文を掲げたい。21世紀中国総研が入手した順に、そのまま掲載することにしたい。
 「日本著名現代中国研究学者竹内実逝世 曾表示毛沢東有理由譲人紀念」〔《国際先駆導報》等
  http://www.guancha.cn/ZhuNeiShi/2013_08_01_162768.shtml
河田悌一「才・学・識・史徳を兼備 竹内実さんをしのぶ」〔『毎日新聞』2013.8.14夕刊〕

追悼文    村田忠禧   横浜国立大学名誉教授

追悼文    周一平    揚州大学教授

    中国社会科学報20130911域外版掲載追悼記事

    附 周一平著への竹内実小序 (PDF)

追悼文    上野秀一   日中語学専門学院 事務局長

追悼記事    共同通信 (PDF)

追悼文    中村公省   蒼蒼社代表

追悼文    余 項科   一般社団法人 中日産学センター(CJAI)