故竹内実先生の納骨式



竹内家之墓


 2017年12月3日、錦秋の京都真如堂にて、故竹内実先生の納骨式がとり行われました。塔頭の松林院にて法要の後、竹内家墓所に納骨。式には竹内家御遺族及び竹内先生の薫陶を受けた中国研究者など50名ほどが参集し、故人のご冥福を祈りました。
 真如堂には、塔頭が多数あり、また墓地もひしめいていますので、墓参をされる折は、「塔頭(たっちゅう)は松林院です」と名指しして連絡し、案内を乞うのが良策と思われます。真如堂地図を以下に掲げます。
 地図上での墓所のアバウトな位置は、本堂南側の鐘楼→墓地→(道を隔てて)墓地とあるあたりです。墓参順路としては、塔頭の松林院の前の道を南下して、去来の寺を右に見て進み、突き当りを左(東に)折れる。坂を上り、左手に鐘楼の見えるあたりで、墓石と墓石の間を縫って右(南)に折れ進むと『竹内家之墓』を発見できるはずです。



(2017.12.9中村公省記)