高橋博が選んだ注目ニュース 【8】
2005/09〜2005/12
【目次】へ

中国の仙女の話です。あの国にはまだ夢もあります。うたかたの夢ですが?〔12/21〕

天下の珍聞としか言えません。あの国には珍聞と奇聞が溢れています。〔12/21〕

笑うよりないですね? 中国には「蟷螂捕蝉、黄雀在後」という言葉があります〔12/20〕

ここにも偉い人が居ます。だけど、誠心誠意人民の尽くす中共幹部から怒鳴られています。〔12/13〕

中国にも偉い人は居るのです。ただ、みな権力や金銭に無縁の人です。私はこの兄弟に頭を下げます。〔12/12〕

ほんとに考えさせられる中国の現実を映した写真です。〔12/10〕

中国は法治国家、とんでもない。暴力と金だけが支配する国家です。〔11/24〕

これを見れば中国共産党が誠心誠意人民から金を搾る取るため奮闘する党であることが分かります。まあ、日本も建築設計士さんの話といわれれば五十歩百歩ですがね?〔11/24〕

儲けのためなら他人の健康なんて!! 酷いのは党員幹部だけではありません。中国では五つ星ホテルでもご用心、ご用心。〔11/9〕

(ニュース1) (ニュース2) この二つのニュースを見てください。中国は「金持ちの、金持ちによる、金持ちのための国家」になりました。〔11/9〕

もう、ここまで来ると笑うよりないですね!これが誠心誠意人民に服務する偉大なる中国共産党の指導下で行われている政策です。〔11/8〕

治療費が払えないため、また死に掛けている人間の帰宅を家主に断られたため、母親は行きながら葬儀場に運び込まれました。〔11/1〕

天下の奇聞というより珍聞ですね。これが人民のために誠心誠意奉仕する中国の公安部隊です。〔11/1〕

北京の青楼名妓です。日本の大正時代に似ていませんか?私は生まれていないけど。〔10/28〕

お役人のすることは、今でもこんなものです。民主政治といわれても、はい宋ですかとそのまま信用できますか?〔10/26〕

ホントですかね? 何しろ今まで何回も騙されているので?〔10/26〕

泥棒にも「三分の理」と申しますが、だけど、だけどね!〔10/26〕

中国の問題が難しいのは、市委書記でも市内の警官一人の違法を咎められない場合があるためです。〔10/26〕

中国ではお茶で身上を潰した話がありますが、酒で潰した話はないそうです。〔10/26〕

神舟6号のトイレ・食物などです。入れれば出るから二つ並ぶのは当たり前?〔10/14〕

毛沢東が結婚式場に現れました。ほんとにやるものですね!〔10/10〕

カンニングという言葉はなぜか懐かしい感じがします。昔から人々に親しまれていたためでしょうか?〔9.29〕

中国にも偉い人はいます。ただ、幹部ではないし、幹部になれそうもありません。でも、昔は幹部にも焦祐禄という立派な人がいました。最近は聞きませんがね?〔9/28〕 

日本でも昔からよく言います。弱いもの苛めは強いものには弱いってね。だけど、ふーん!〔9/20〕

中国、特に海南省では問題を起こさないほうが良いですよ!ほんとに、警官から検察官、裁判官までまともでない方がいらっしゃいますから?〔9/20〕

私よりも暇と時間を持て余している方はどうぞ? 楊貴妃の日本亡命説です。そういえば義経のモンゴル亡命説がありましたね。〔9/14〕

日本の高速も威張れませんが、さすが御役人天下の中国です。〔9/13〕

この鎮党委書記は犬畜生にも劣りますが、こんな人間を書記に任命する党は一体何なのでしょうか?〔9/13〕

まあね、確かにこれまでに「さて面妖な?」と感じることはありましたが、ここまでとは! 「清水衙門」という言葉はもう死語ですか?〔9/13〕

中国の幹部養成に新しい道が生まれたようです。だけど、中国はほんとに大千世界ですね!〔9/12〕

中国では豚の餌と月餅は同じ工場で作っています。まあ、同じ生き物ですから、社会主義の国では平等になるのかしら? 私?私は遠慮します。〔9/12〕

これが中国の実情です。因みに、この雑誌は新華社が発行している由緒正しい雑誌です。〔9/8〕

私も同感です!! まあ、中国には「打腫臉充胖子」や「死要面子」という言葉もありますがね?〔9/7〕

中国には「狗咬狗」という言葉が御座います。仲間割れですか?だけど、双方ともに党員幹部となると、どうもね!党員にはこんな手合いしかいないのかしら?〔9/7〕

これを見れば、うちの神さんも仏に見えます。仏といっても夜叉に対する仏ですよ。変なこと考えないでください。〔9/6〕

金のためなら死人の数まで誤魔化します。これが人民に誠心誠意服務する中共幹部のすることです。〔9/3〕

最近の中国は水滸伝の時代に戻っています。中国旅行では用心したほうが良いですよ?〔9/2〕


【目次】へ