高橋博が選んだ注目ニュース 【目次】
2006/05〜


党校というのは党員幹部の養成場ですが、試験監督官はカンニングを放置しています。こういう学校で育てられた幹部がどうなるのか?中国の実情がすでに示しています。〔7/20〕

中国の救急車は人を救うものでなく、金儲けのためのものでした。〔7/20〕

中国の反日感情というのは何なんでしょうね? この世には不可解なことが多すぎます。特に中国には?〔7/17〕

自動車のオーナーが、自分の車を売り、また同じ車を買いました。報道を見ないで、この方程式を解いた人はお役人の生態に通じた人です。〔7/12〕

警官と警官の喧嘩ですが、警官というより山賊と山賊の喧嘩というべきでしょう!〔7/12〕

新華社が世界の奇聞だと折り紙をつけました。ホントに奇聞です。ただ、これは中国司法の公正さを示すものなのか、それとも底知れぬ中国司法の闇を示すものなのか?もっとも、私は余り迷わずに後者に軍配を揚げますが?〔7/6〕

悪いのは規則を破った生徒でしょうか? 何でも社会のせいにするのは好きではありませんが、現在の中国の大学入試制度はあまりにも問題があります。〔7/6〕

中国の大学がなぜ駄目になったのかが分かります。まあ、読んで見なさい。なるほどと納得できますよ。〔7/6〕

中国で鍋物は敬遠した方が良さそうです。と言って、外に何が安全かと言われても困るけど? 〔7/6〕

解放戦争、抗日戦争、抗米援朝戦争、多くの人が死にました。こんな国を作るために?私だったら化けてでてやります?〔6/22〕

やっぱりね! 普段が普段だから疑われるのです?〔6/22〕

こんなことは言いたくありません。だけど、こんな幹部は全員言い訳を聞かずに打ち殺さなければ、中国は良くなりません。日本も同じといわれれば黙りますが。〔6/23〕

中国で悪事をせずに生きていくのは大変です。死んでも死にきれません。〔6/23〕

ウンじゃなく、シーですか?私には分かりません?中国はどうしてこうなったのでしょう。〔6/23〕

これが労働者階級の国家で行われている真実です。〔6/8〕

これも奇聞、珍聞ですが、いくら中国でもホントにこんな事が起こるのでしょうか?信じにくいことですが、中国の特色と言われれば、そうかなとも思えるし?〔6/8〕

天下の奇聞が続きますが、ホントに中国はどうなっているのでしょう?〔6/7〕

ウソのようなホントの話がありました。法治国家を目指す国にこんなことが起こるなんて、信じられますか?〔6/7〕

六月五日のたった一日の社会報道です。中国人はホントにキノドクです。〔6/5〕

中国で今一番必要なのは、貧乏人を食い物にする政府を打倒し、人民のために誠心誠意奉仕する政党です。ホントです。〔6/2〕

ふん、ふん〔ふーんではありません。念の為〕。いや、こういう手もありますか?悪評ふんぷんは間違いないところですが。〔5/31〕

これもねー、まあ歴史問題であることは間違いありませんが?〔5/31〕

日本では鉄筋の量を減らしました。中国では竹を代用しました。さてまあ、どっちもどっちですか?〔5/29〕

出るのは溜息ばかりです。「孝行をしたい頃には親は無し」という言葉をかみ締めるだけです?〔5/28〕

中国は労働者階級が支配する国です。だけど中国の労働者階級には金持ちの幹部しかいません。〔5/9〕

知りませんでした。だけどケ麗君は凄い力を持っていたのですね。芸術の力ですか?〔5/9〕

確かに大千世界は無奇不有と申しますが、それにしても死人の目玉を狙うとは、鼠にしても医者にしても最低ですね。〔5/9〕

分かりません。この地には人民解放のために闘う中共党員はいないのでしょうか?〔5/8〕

幾つかはよそで聞いたことがあります。とすると、これは世界に通用するものかも知れません。〔5/5〕

これで気を大きくして下さい。〔5/3〕

昔の写真です。〔5/3〕  日本のも付けて置きます。

偉大な「中国」です。だけど、みんな何処かで見たような、見てないような?〔5/3〕

日本も昔は「オカメ」が美人の標準だったそうです。結局、美の基準は時代と共に変わるのですね。〔5/3〕

「後宮の佳麗三千人」とは申しますが、選択基準は色々のようで?〔5/2〕



 Back Number
【9】  2006/01〜2006/04
【8】  2005/09〜2005/12
【7】  2005/06〜2005/08
【6】  2005/03〜2005/05
【5】  2005/01〜2005/02
【4】  2004/11〜2004/12
【3】  2004/09〜2004/10
【2】  2004/07〜2004/08
【1】  2004/05〜2004/06