TAMAKO SADO  Photo Gallery 北京写真館 − 作品集1
作品集1 作品集2 作品集3 作品集4 作品集5 作品集6   特別展
写真をクリックすると、拡大版を見ることが出来ます。
                                                                        
廃品回収者の昼寝
集めたダンボールを敷いて北京の路上で昼寝をする廃品回収の老人。中国の経済発展は進むものの、貧困問題は都市部でさえ一掃されておらず、ホームレスの人々は、リサイクル可能なダンボールやペットボトルを拾って、細々と生計を立てている。
ペットブーム
北京市郊外の動物市場で売られている生後3ヶ月の子犬。都市部では、約10%の家族が、犬、猫などのペットを飼うようになった。
第16回党大会_4
革命歴史博物館の共産党の星のマークの前で、天安門広場装飾用の足場を組む労働者。
第16回党大会開幕にあたり、天安門広場にはさまざまな装飾が施された。
第16回党大会_3
西単駅前広場の党大会看板の前で休憩するカップル。党大会の前には、街のいたるところで党大会を盛り上げるための宣伝用看板が目立った。
焼き芋売り
子供を背負って、北京の街を自転車で走る焼きいも売り。500グラム60円程度で売られる焼き芋は、秋から冬にかけての北京の名物。
国慶節
10月1日の国慶節に天安門広場に集まる中国市民。
汽車を待つ母子
北京駅で泣く子をあやしながら里帰りの汽車を待つ母親。北京には多くの出稼ぎ労働者が働き口を求めて地方からやってくる。
レンガ
家屋解体現場でレンガを集める労働者と、父親の真似をしてブロックを運ぼうとしている子供。解体された現場から出るブロックはリサイクル用に安価で売ることができる。
ペットブーム
北京のキャットショーを訪れた女性。
中国の都市部ではペットブームが到来し、外国種の犬や猫などが多く飼われる様になった。
シリコンバレー
北京の中関村のITフェアーで、デジタルカメラのプロモーションにポーズをとるモデル。
中関村はコンピューターなどの販売店が密集し、しばしば、中国のシリコンバレーと呼ばれている。
ジョブフェアー
仕事を求め、北京のジョブフェアーを訪れる人々。国営企業のリストラで数百万人の失業者を出した中国は、経済発展と外国からの投資により、新たに多くの雇用が生まれることを期待している。
住居展
北京の住居展で建築予定のマンションのモデルを見物する人々。
北京ではマンションの建築ラッシュが続き、さまざまな住居展が開催され、多くの市民が足を運ぶ。
レンガ
リサイクル用にレンガからセメントを落とす若い出稼ぎ労働者。ひとつ一角(約1.3円)で売れる。北京の街は、2008年のオリンピックに向けて、古い建物を取り壊し、新しい街つくりに力を入れている。
チャイナスティック
北京の街で売られている(左から)さそり、カイコのさなぎ、せみのさなぎ、ばったのスティックフライ。一本約100円。昆虫をを食することは美容によいと信じられ、若い女性にも人気。
言語障害の物乞い
お金を数える北京の物乞いの老人。首から、「言語障害者は回りに迷惑をかけません。大恩人に金運あれ。お恵みを」と書いた表札をかけている。
経済発展で恩恵を受ける人が増える中、多数の人が機会に恵まれず貧困のまま取り残されている。
第16回党大会_2  (看板前の軍人)
第16回党大会を祝う天安門広場のビルボードの前に立つ解放軍人。
第16回党大会_1
天安門広場の第16回党大会を祝うビルボード設置後、その上で休憩する労働者。党大会は5年に1度、党の役員を選出するために人民大会堂で開かれる。
中国国産携帯電話
中国国産携帯電話の広告の前で、携帯電話をかける中国人男性。
中国の携帯電話市場を求めて、各国のメーカーは中国に参入し、熾烈な競争を展開している。
昼寝をする子犬
北京のペットショップで昼寝をする生後二ヶ撃フ子犬。北京の夏の気温は連日30度を超え、人も動物も、避暑地求めて知恵を凝らす。
出稼ぎ労働者
北京西駅外で汽車を待つ出稼ぎ労働者。
経済改革によって出る失業者の雇用を確保することは、中国政府の解決すべき最大の問題のひとつである。
車を洗う子供
北京の街で、駐車中の高級車を無断で洗う子供。持ち主が戻ると、10元程度を要求するが、値切られたり、まったくお金をもらえないこともある。
経済発展の恩恵を受ける人民が増える中で、多数が貧困のなかに取り残されている。
噴水で遊ぶ男の子
北京の公園の噴水で遊ぶ男の子。北京の夏の気温は連日30度を超える日が続く。
行水
北京の街角で行水をする男の子。 北京の夏の気温は連日30度を超える日が続く。
人民解放軍行進
SARS防止のためのマスクをして、天安門前を行進する人民解放軍。2003年4月30日。
電線
作業員によって取り外される北京市の電線。
2008年オリンピックに向け、街の美化のために市内の電線は地下に埋められる予定。
       (2003年12月12日、北京市内)
鳥インフルエンザ
鳥の自由市場でお客を待つ商人。
鳥インフルエンザの蔓延で、北京市内では生きた鳥を売ることが禁止されました。 (2004年1月29日、北京市)
お飾り
北京市の市場でお正月のお飾りが売られています。中国の春節は1月22日に当たり、申年にちなんだ商品が人気を集めています。       (2004年1月14日、北京紅橋市場)
人民幣_2
モニターにクローズアップされたRMB紙幣を見る中国の少年。
    (2003年10月7日、北京市中国科学技術館)
人民幣_1
モニターに映し出されたRMB紙幣の前を通り過ぎる中国の女性。
    (2003年10月7日、北京市中国科学技術館)
広告
王府井、東方広場のファッション広告の前を通り過ぎる中国の男性。様々な外国企業が広告合戦を展開し、最近ではセクシーな広告も目立つようになった。            (2003年12月5日、北京)
パンダ
お母さんパンダに甘える生後4ケ月の赤ちゃんパンダ、甜甜(ティエンティエン)。
中国のパンダ生息数は現在約1000頭と言われています。     (2003年12月30日、北京動物園)
上へ Copyrights(c)2004
Tamako Sado
All rights reserved.